亀頭増大をお考えの方は仙台中央クリニックへどうぞ

HOME治療内容 > 亀頭増大

亀頭増大

亀頭増大とは

亀頭が小さくペニスのバランスが悪い、ペニス全体が小さく見えるということで悩んでいる方は多いようです。亀頭が小さくてお悩みの方に仙台中央クリニックでは、亀頭増大をご案内しております。亀頭増大とはヒアルロン酸、アクアミド、パフォーム(バイオアルカミド)などの医療用で安全性の高い注入素材を亀頭全体や亀頭のカリ部分に注入する治療法です。亀頭の張りを出し、亀頭をより硬く、大きくすることが出来ます。平常時でも亀頭が大きくなる為、亀頭とペニス全体とのバランスが取れ、ペニス全体が大きく見えるようになります。見た目が良くなるので美容的なコンプレックスが解消されます。また、亀頭部の張りや硬さも出る為、性的持続力も高まり、性行為時のパワーアップに繋がります。

亀頭増大の効果

包茎の方に多い先細りの改善

亀頭が小さい先細り陰茎は、包茎の方に多く認められます。亀頭を大きくすることにより先細り陰茎が改善されます。ペニス全体の増大を希望される場合には、亀頭増大と陰茎増大を同時に行うことで、より大きな増大効果が期待できます。

軽度の仮性包茎治療として

軽度の仮性包茎の場合は、亀頭を大きくすることにより、包皮が亀頭に引っかかるために被りづらくなり、亀頭を露出することが出来ます。亀頭増大には包茎の改善効果があります。

性交時のパワーアップ

亀頭のカリ部分が大きくなることにより、性交時のパワーアップが期待できます。亀頭が小さい為に、性的な部分で自信を無くしている場合に効果的です。

亀頭増大の注射剤

亀頭増大に用いる注射剤は、多数種類があり、その方の状態や御希望により使い分けています。

ヒアルロン酸

皮膚構成成分の一種であるヒアルロン酸を、亀頭に注入する方法です。従来のコラーゲンで問題視されたアレルギーの心配が無く、安心して注入することが出来ます。切らずにヒアルロン酸を注入するだけで簡単に増大効果が得られます。

高分子ヒアルロン酸

美容整形ではバストのボリュームアップなどにも使用している高分子ヒアルロン酸を用いた治療法です。高分子ヒアルロン酸は、従来のヒアルロン酸に比べ一つ一つの粒子が大きいので、持続期間も従来のヒアルロン酸より長くなります。高い安全性が知られております。

アクアミド

アクアミドは、水とポリアクリルアマイドで構成され、生体親和性が高く注入後にすばやくなじみ、より自然な状態で亀頭増大効果を出すことが知られています。アクアミドは非吸収性ジェルであり、注入後は長期に及ぶ増大効果が期待できます。

パフォーム(バイオアルカミド)

パフォームは、注入後、速やかに周囲にコラーゲン被膜が形成されるために吸収されず、持続性に優れた治療法です。硬度がより硬く、体内に吸収されない成分が含まれています。しかし数年すると亀頭が変形し、トラブルになることがあり注意が必要になります。

自己脂肪

腹部などから自己脂肪を採取して、亀頭へ注入する治療法です。以前は盛んに行われましたが、高品質な注入剤が開発されたことで、脂肪を取る手間が大変であるために、徐々に行われなくなってきました。自己組織により亀頭増大を希望する方に適する治療法です

亀頭増大の麻酔法

亀頭増大時の麻酔は、主に局所麻酔で行います。麻酔が効いてしまえば、全く痛みは無く、無痛状態で治療することが出来ます。しかし局所麻酔時のチクッとした痛みも我慢できないという方には、完全無痛麻酔をご案内しています。全く痛み無く亀頭増大治療を受けていただくことが出来ます。

亀頭増大治療

陰部に局所麻酔を行います。
亀頭にヒアルロン酸やアクアミドを注入します。
手術時間は約 5 分程度です。
亀頭増大治療は非常に手軽で、ダウンタイムが少ないことが特徴です。
最近良質な注入用のヒアルロン酸が開発され亀頭増大を希望され方が増えています。

亀頭増大手術のアフターケア

亀頭増大の翌日からシャワー可能です。

入浴は 手術翌日から可能です。

性交渉は亀頭増大の 1 週間後から可能です。

原則として通院は不要です。注意事項を良く守ってお過ごしください。

症例写真

亀頭陰茎増大治療

28歳 独身。亀頭増大、長茎、包茎手術
亀頭が小さく、腹部に埋まり、陰毛に隠れてしまうので、悩んで来院されたケースです。診察したところ、亀頭が小さく先細りの状態でありバランスが悪く、下腹部に埋没している埋没タイプで、さらに包茎の状態でもありました。亀頭増大による先細りの治療、陰茎を引き出して太くしました。包茎の治療をも行い普通の自信が持てる陰茎を形成することができました。
クリニックより:亀頭及び陰茎が小さい場合、同時に亀頭、陰茎の両方の増大手術を希望される場合があります。当院では技術的に、陰茎及び亀頭増大手術をすることが可能です。同時に手術することにより、増大効果が分かり易く、コンプレックスが一気に軽快します。悩みが一度で解決されるために喜ばれています。


包茎亀頭陰茎増大治療

20歳、学生。亀頭増大、長茎、包茎手術
亀頭の先細り短小包茎で悩んでいていたケースです。手術したかったのですが、お金がなくて治療できませんでした。バイトで臨時収入があったので、即手術しようと思い受診していただきました。診察したところ、亀頭及び陰茎が全体的に小さく、更に下腹部に引き込まれている埋没タイプでした。「バランスよく大きく」と希望されました。亀頭増大、埋没修正、包茎手術を行いました。存在感のある陰茎の形成ができました。手術はさほど痛くなく、自分の希望通りになったので良かったと、満足していただけたようです。
クリニックより:当院には学生さんにも多く御来院いただいています。費用は親御さんに出して貰う方もおられますが、バイト等で貯めて自分で負担される方のほうが多いようです。一生に一度の手術です。自分の症状をよく理解して悔いの残らないよう、一度で決めることが大切です。


包茎亀頭陰茎増大治療

36歳、独身。亀頭増大、亀頭強化、長茎、包茎手術
真性包茎で勃起しても剥けず、性交渉も痛みのために不可能であったケースです。治そうと思っていましたが、なかなか踏み切れずこの年まで放置していたということです。今回、縁談があり結婚を考えるようになり、思い切って手術を決意し受診していただきました。診察したところ、真性包茎の状態で、亀頭の発育が不良で、刺激により激しい痛みを感じました。この現状を一度で解決して、最低でも性交渉はできるようになりたいと希望されました。亀頭増大、亀頭強化、長茎、包茎手術を行いました。手術もさほど痛くなく、経過も順調で、見た感じも立派になりこんなことならさっさとやっておけばよかったと、喜んでいただきました。
クリニックより:下半身の悩みは相談しづらいので、なかなか手術に踏み切れないという方も多いと思われます。手術しなくとも日常生活はさほど困らないので放っておき年月が経ってしまうというパターンに陥りがちです。このような方には、「さしあったって手術する気がない場合でも、将来に備えてカウンセリングだけでも受けておくことがお勧めです。」とご案内しています。特に、亀頭の痛みのために性交渉ができないような場合は、女性に声を掛けることもできないために婚期を逃してしまうこともあるようです。早めに治療して人生を無駄にすることの無いようにしていただきたいと思います。


亀頭陰茎増大

60歳既婚。亀頭増大、長茎、包茎手術
もともと亀頭の先細り、短小で悩んでいましたが、病気で入院した際、看護師さんに陰部を処置され恥ずかしい思いをして来院されたケースです。今後の介護等で他人に下の世話をしてもらうことがあると思い手術を決意しておられました。診察したところ、亀頭な発育が悪く先細りで、陰茎全体が下腹部に埋没し、包茎の状態でした。亀頭増大、長茎、包茎手術を行い、美容的、衛生的に改善しました。見栄えも良く悪臭などもしなくなり満足していただけたようです。
クリニックより:「普通に結婚して普通に生活できたので特に困っていませんでしたが、やはり入院や介護のことを考えると、治しておくのがいいのかと思いました。」そう言ってクリニックを訪れる中高年の方が増えています。今まで放置していたものの、看護師さんやヘルパーさん、息子の嫁さんに介護してもらうことを考えると、短小包茎を治そうと思うのかもしれません。「口では偉そうなことを言っていても下半身がこの状態では軽蔑されかねない。」と、言われる方もいらっしゃいます。下半身のトラブルは男の自信に直結することがあるようです。短時間の治療で改善できますので、介護の場で恥ずかしい思いをしないように治しておくのも一つの考え方であると思います。



亀頭増大手術後の注意事項や副作用(まれな可能性を含む)

亀頭増大は術後問題なく経過し来院する必要はありません。ごくまれに腫れたり赤くなったりすることがあります。その場合は注意が必要です。

亀頭の注入部位が赤くなったり、黒ずんだりする可能性があります。症状が強い場合再度来院してもらう可能性があります。

注入部位に細菌が入る可能性があります。強く腫れてきた場合は再度来院して頂くことがあります。

手術後の傷の治り方には個人差があります。心配事があればクリニックに連絡し医師の指示に従っていただきます。


亀頭増大について教えて下さい

▲ ページの先頭へ