陰毛が絡まる・毛切れの包茎手術は仙台中央クリニックへ

HOME治療内容 > 陰毛が絡まる

陰毛が絡まる・毛切れ

包皮の長いタイプの包茎では、包皮に陰毛が絡まり、おしっこをする際に手間がかかる、包皮が陰毛に擦れて痛い、傷になってピリピリするなどの症状が出ることがあります。陰毛の絡まりは、特に短小包茎で見られることが多いようです。絡まり症状が強いために包皮が擦れる場合や、陰毛が絡まって衛生面が保てない場合は手術適応になります。

陰毛が絡まる場合の包茎手術

陰毛が絡まるタイプの包茎では、包皮の余りが多いことが多く、包茎手術の場合、その点を十分注意する必要があります。包皮の切除範囲を適切にデザインしないと、陰毛の絡まり症状が改善しない場合があります。
また、陰毛が絡まる場合、短小が影響していることがあります。包茎手術と同時に短小の治療が必要になることがあります。
難易度の高い手術になりますので、ベテラン専門医に相談されるのが良いでしょう。

陰毛の絡まり修正


37歳、独身。陰毛の絡まり
陰毛が絡まるために悩んでいた症例です。陰毛が包皮に擦れて切れるために痛いのと、不潔になるために手術を決意し御来院いただきました。短小で包皮が長く、陰毛が包皮に絡まるために、包皮が擦り切れている状態でした。自然にむけた感じに包茎を治療しました。もう悩まなくなりホッとしたと喜んで頂きました。
クリニックより:陰毛が絡んでひりひりする、皮膚が切れて痛い、皮膚が引っ張られる、おしっこをするとき困るなど、陰毛が絡まることで悩んでいる方に御来院いただいています。陰毛の絡まりは、通常の手術と異なり、難易度が高い手術になりますが、手術により改善可能です。陰毛が包皮に絡まるというお悩みをお持ちの方はご相談ください。



陰毛の絡まり


43歳、既婚。陰毛の絡まり、毛切れ
陰毛が絡るタイプで、おしっこがしにくいということで御相談いただいた症例です。包皮の余りが多く、短小気味でした。包皮に陰毛が絡まり、一部赤くなって炎症を起こしていました。短小を改善させ、余剰の包皮を切除して、陰毛が絡まないようにしました。排尿時に楽になったと喜んでいただけました。
クリニックより:不要な包皮が長かったり、短小気味だったりすると、陰毛が絡まって擦れて痛い、おしっこがしにくいと悩んでいる方がいらっしゃいます。陰毛が絡んで日常生活に支障をきたしているようであれば包茎手術の適応になります。




▲ ページの先頭へ