埋没陰茎の手術は仙台中央クリニックにお任せください

HOME治療内容 > 強度埋没陰茎

強度埋没陰茎

下腹部に陰茎が埋まり、陰茎が短く見える状態を埋没陰茎と言います。特に、下腹部に強く陰茎が埋まりこんで、陰茎が無くなってしまっている状態を、強度埋没陰茎と言います。肥満や陰茎堤靭帯の緩みにより起こります。美容的に醜形をきたすために、「かっこ悪くて友達と温泉に行けない。」「女性に見せられない。」など悩んでいる方が多いようです。また、衛生状態が保てない、排尿時に時間がかかる、立っておしっこが出来ないなど生活上不便であるということから、手術を希望される方が多数おられます。

埋没陰茎に対する包茎手術

強度埋没陰茎は手術が難しく、引き受けてくれる医師が限定されます。強度埋没陰茎の手術を希望して受診しても「うちではやっていない。」と断られることや、「手術する必要がない。」と手術自体を否定される場合もあるようです。難易度の高い治療に対応可能な、ベテラン美容外科医に相談することが必要になります。

糖尿病及び肥満による変形修正


39歳、未婚。強度埋没陰茎
強度埋没陰茎で悩んでいた症例です。肥満してきたために陰茎が陰のうに入って陰茎が無くなったような外観で、生活するうえでも排尿も困難になり手術を希望されました。治療を希望していろいろなクリニックを受診されたようですが、どこに行っても「無理」と言われ、最後にだめもとで仙台中央クリニックを受診されました。陰茎が全く埋まりこんで形を成しておらず、まず陰茎を形成したうえで包皮切除を行いました。治るかどうか心配されており、手術後は心配から開放されて喜んでいただけたようです。
クリニックより:埋没状態が強く、陰茎がほとんど埋まっている状態を強度埋没陰茎と言います。美容上、衛生上、機能上障害をきたすために、手術を希望される方が多くいらっしゃいます。手術の難易度が高いために、引き受けてくれる医師が少ないのが難点です。



埋没陰茎修正手術


35歳、独身。強度埋没陰茎
不規則な生活と暴飲暴食のため、20kg太ってしまい陰茎が下腹部に埋没してしまった症例です。強度埋没陰茎が気になってはいたものの、どうしてよいかわからず、ずっと放置していたようです。今回、排尿困難であること、包皮炎を繰り返すこと、性交渉ができないことなどから、手術を決意し、手術してくれるクリニックを探し、仙台中央クリニックなら何とかしてくれるだろうという期待を胸に来院していただきました。陰茎の埋没状態が強く、陰茎は全く出ていない状態でした。陰茎を形成した後に、包皮を切除して通常の男性器を作りました。手術は比較的短時間で痛み無く終わりました。手術後、生活も楽になり、もっと早くやっておけば良かったと喜んで頂きました。
クリニックより:強度埋没陰茎のため、見た目も悪いし、日常生活も不自由だという方に、多数受診していただいています。予想していたより意外に短時間で手術は終ったと感じる方が多いようです。「もう少し早く、こちらに来れば人生変わっていたかもしれません。」と言われる方もいらっしゃいます。強度埋没陰茎の場合、なかなか相談しにくいとは思いますが、早めの御受診をお勧めしています。



埋没陰茎修正手術


36歳、独身。強度埋没陰茎
陰茎が体の中にほとんど埋まりこむために、美容的、衛生的に問題があったものの、病院に行くのも面倒だったので放置していたという症例です。包皮が割れておしっこするのも痛くなったことから治療を考えるようになり、更に今後結婚もしたいと思うようになり、何軒かクリニックを廻られたようです。しかし、「このタイプはうちではやっていない。」と手術を引き受けてもらえず、インターネットで探して、仙台中央クリニックを受診していただきました。陰茎は下腹部にほとんど埋没しており、強度埋没陰茎と考えられました。陰茎を形成した上で、包皮切除を行いました。手術前は緊張しましたが、格好良くしてもらったと満足していただけました。
クリニックより:体の中に陰茎が埋没する強度埋没陰茎は、手術を行っていないクリニックが多く、断られるケースも少数ではないようです。きちんと手術すれば、綺麗になりますので経験豊富な医師に相談されることをお勧めいたします。



真性埋没陰茎


59歳、既婚。強度埋没陰茎
全く剥けず、陰茎がすっぽり体の中に埋まり込む埋没陰茎の症例です。不潔になりやすく格好が悪かったものの、生活に支障がなかったので放置していたということです。今回、巨大地震を経験し避難所生活で不自由な思いをしたので、思い切って手術を決意されたようです。しかし、一般病院を受診してみると、「重症なので、ウチではやっていません。」と断られて悔しい思いをされました。一生このままで過ごすことも考えたものの諦めきれずにいろいろな病院に相談したところ、仙台中央クリニックが手術を引き受けてくれるということを知り来院していただきました。下腹部に陰茎の全てが埋まりこむ強度埋没陰茎であり、陰茎を引き出して包皮切除を行いました。美容面、衛生面で改善し、長年の思いがかなえられたと、喜んで頂きました。
クリニックより:体の中に陰茎が入り込んでしまうタイプは、まず陰茎を形成してから包皮切除をする必要があり、手術が難しく引き受けてくれる先生は少ないかもしれません。経験豊富な医師に相談することをお勧めいたします。日常生活は楽になり、嫌な臭いがしなくなったなど、衛生面でも改善します。




▲ ページの先頭へ