リパス除去、リパス注入失敗の他院修正は仙台中央クリニックへ

他院修正手術 - リパス除去

リパスによるペニス増大失敗

リパスは、PMMAとデキストランという二つの主要な成分から構成される生体充填物質で、注入したボリュームが維持されるということから、ペニス増大に多く用いられています。
しかし、陰茎内に均一に注入されない場合、ペニスが変形したり、ペニスの表面が一部飛び出して、ゴツゴツしたりすることがあり、他院修正のご相談をいただいています。飛び出して美容的におかしい、性交渉が出来ないという場合には、修正手術の適応になります。

リパス除去、リパス注入失敗

皮下に注入されたリパスは、硬さが強く、周囲との癒着が強いために、リパス除去は非常に難易度の高い手術になります。ペニスの変形を起こしている場合には、固まりになっている部分のリパスを全て除去する手術が最も効果的です。しかしリパスをすべて除去できない場合でも、リパスの固まりが無い様に、均一にすることで、変形したペニスを自然な状態に戻すことが出来ます。

リパス除去症例のビフォーアフター写真

リパス除去

66歳、既婚。リパス除去、ペニス増大失敗
40年前に一般病院泌尿器科で包茎手術を行い、1年半前に他院美容外科でペニス増大を目的として、リパスを注入した症例です。リパスがペニスの左側に固まってしまい、ペニスが変形して見えるということで他院修正手術を希望して仙台中央クリニックを受診していただきました。リパスが均等に注入されておらず、ペニスの左半分に固まって注入されていました。固まっているリパスを除去して、ペニスの変形を修正しました。
クリニックより:リパスは皮下に注入する充填物で、ペニス増大に多く用いられています。吸収され難いと言う利点はありますが、均一に注入されないと、一部のみが膨れ上がり、ゴツゴツするために、修正を希望される方がいらっしゃいます。注入したリパスは固く周囲との癒着が激しいために除去するのは非常に高度の技術がいる手術になります。美容外科のベテラン名医に御相談されるのがお勧めです。



▲ ページの先頭へ