恥骨部脂肪吸引・ドテの脂肪吸引は仙台中央クリニックで可能です

恥骨部脂肪吸引、ドテの脂肪吸引

恥骨部脂肪吸引は、ドテの脂肪吸引、ドテ吸とも言われています。恥骨部脂肪吸引は、恥骨上部の皮下に脂肪貯留が多い場合に行う手術で、恥骨部の脂肪が多く、陰茎が脂肪に埋まり短く見える場合、陰茎を大きく長く見せるために行います。恥骨部、下腹部に脂肪が貯留し、皮が被っている、ペニスが短く見える場合に効果があります。
恥骨部脂肪吸引により、陰茎の上に被さっている脂肪を取り除くことで、陰部がスッキリして、陰茎も長く見えます。脂肪吸引をするための小さな傷ができますが陰毛に隠れるために、目立ちません。

恥骨部脂肪吸引の適応

恥骨部脂肪吸引を下記のような症例に対して行っています。

  • 太ってきたら、陰茎小さく短く見えようになった
  • 恥骨部、下腹部に脂肪が付いていて陰部に垂れ下がっている
  • 恥骨部、下腹部の脂肪により陰茎が短く見える
  • 恥骨部、下腹部の脂肪に陰茎が埋まりこんでいる
  • 腹部が突出しており、陰茎が短い

恥骨部脂肪吸引の手術法

  • 恥骨部に小切開を加え、小孔を開けます。
  • 局所麻酔及び止血剤を混合した生理食塩水を、小孔から恥骨部の皮下に注入します。
  • 麻酔が効いたところでフェザーリングバーを用いて脂肪を砕き、脂肪を乳化させて吸引しやすくします。
  • 脂肪吸引器で陰圧をかけて、脂肪吸引を行います。
  • 手術時間は20〜30分程度です。
  • 手術後1〜2時間程度、院内で休んでから帰宅してもらいます。
  • 出血予防のために手術部位を固定することがあります。

恥骨部脂肪吸引のデメリット

  • 脂肪吸引部位に感染を合併することがあります。感染症状は糖尿病を合併している症例で多いことが知られています。
  • 脂肪吸引部位に血腫を形成することがあります。内出血して血液が太ももにまで下がってくることがありますが、痛みや熱感が無ければ問題はありません。
  • 脂肪吸引部位の皮膚が弛んだり、ゴツゴツしたりすることがあります。丁寧なマッサージ、もみほぐしにより改善します。
  • 脂肪吸引部位は、腫れを最小限に抑えるため1か月程度固定します。面倒がらずに固定していただく必要があります。

恥骨部脂肪吸引の麻酔

男性美容外科治療の多くは局所麻酔で行いますが、恥骨部脂肪吸引は、局所麻酔では、痛みが強いために、静脈麻酔または全身麻酔で行っています。静脈麻酔では、ウトウトした状態で手術を行います。全身麻酔では全く意識のない状態で手術を行います。麻酔から覚めてしっかりした状態になるまで、院内で状態を観察します。麻酔が覚めた状態で帰宅していただきます。
眠った状態で手術を行いますので、痛みはほとんどない状態で手術を行うことができます。

恥骨部脂肪吸引ビフォーアフター写真

恥骨部脂肪吸引

43歳、独身。恥骨部脂肪吸引、ドテ脂肪吸引
体重増加により、恥骨部皮下に脂肪が付いて陰茎が短く見えるようになった症例です。結婚することが決まり、コンプレックスを無くしたいと思いから、仙台中央クリニックを受診していただきました。腹部、特に恥骨部に脂肪が多く貯留し、陰茎が埋没した状態でした。恥骨部の脂肪吸引を行い、陰部をすっきりさせ、陰茎の埋没を改善しました。
クリニックより:体重が増え、太ったために、陰茎が埋没して短く見えることがあります。包茎の程度もひどくなります。そのような場合には恥骨部脂肪吸引を行っています。陰部がスッキリして、陰茎が大きく見えます。


恥骨部脂肪吸引のアフターケア

  • 術後 3 日間は恥骨部を、テープで固定します。
  • 4 日目に固定を外して自分で消毒して下さい。やり方は手術後説明いたします。
  • 4 日目からシャワー可能です。
  • 入浴は1週間後から可能です。
  • アルコールは1週間控えて下さい。
  • 性交渉は 3 週間後から可能です。

▲ ページの先頭へ