包茎で入院や介護が恥ずかしい方は仙台中央クリニックへ

HOME治療内容 > 包茎で入院や介護が恥ずかしい

入院や介護のための包茎手術

包茎のため、将来の入院や介護に対して不安を持っている方がいらっしゃいます。入院して看護師さんに処置を受ける時に恥ずかしい、介護で下の世話をさせる時、恥ずかしいと、包茎手術を希望されています。包茎であっても、衛生管理が上手くいっていれば問題はないのですが、入院や介護の際には、不衛生になり易く、汚れや悪臭に悩まされることが多くなります。将来的に、衛生状態が保てず、不衛生になる可能性が高いと考えられる場合には、包茎手術が有益です。

入院することになったので包茎手術をしたい

入院して看護師さんに処置を受ける時に、恥ずかしいので包茎を治したいという方から御相談をいただいています。人は誰しも年を取れば、病気がちになります。今まで全く元気であったのに、入院しなければならない、手術しなければならないという事が起こり得ます。突然の病気で、入院することになった場合に備え、早めに治療を行いと考える方は多くいらっしゃいます。また健康診断で異常が見つかり、検査入院が決まったので、入院する日までに包茎を何とかしたいと、急いで来院されるケースもあります。これまで包茎が気になってはいたものの、治療を伸ばし伸ばしにしていたという場合には、安らかな気持ちで入院生活を送るために、元気なうちに、包茎治療について考えておくのが良いかもしれません。

将来の介護の為に包茎手術をしておきたい

誰もが、いずれは年を取って、これまで自分で出来ていたことが出来なくなり、人の世話になることが増えていきます。介護される時に最も恥ずかしいのは、下の世話をしてもらう時です。将来、介護される立場になった時、息子や嫁に恥ずかしいという事で、包茎手術を希望される方がいらっしゃいます。世話になって恥ずかしいと共に、これまでの威厳がなくなる、親としてのメンツがなくなると考えている方は多いようです。

入院や介護のための包茎手術のリスクやデメリット(稀なものを含む)

将来の、入院や介護のことを考えている方のほとんどは、中年以後の熟年層で、肥満、高血圧、糖尿病などの成人病を抱えている場合があります。成人病の既往歴がある場合、包茎手術に対すリスクが高くなり、術後の経過が、全く健康な方と異なる場合があります。手術を受ける際には、これまでの病歴を、執刀医に伝え、よく検討した上で治療を進めることが重要になります。特に、高血圧、糖尿病、肝臓病、腎臓病、心臓病、癌などの治療歴がある場合は、これまでの経過をまとめておくのが良いでしょう。

包茎で入院や介護が恥ずかしい手術症例

入院や介護に備えた包茎手術


56歳 男性、既婚。 包茎で入院や介護が恥ずかしい、包茎手術
症例経過:包茎の為に、将来の入院や介護が恥ずかしいと感じ、包茎手術をご希望された症例です。以前から包茎のことを気にされていましたが、手術に踏み切るまでには至りませんでした。年齢を重ね、健康に不安を感じるようになり、急なケガや病気で入院した際のことを考えるようになって、仙台中央クリニックに、御来院いただきました。診察したところ、余分な包皮が多く亀頭が露出しにくい状態でした。更に包皮の発赤が認められ、包皮炎の所見が認められました。余剰包皮を切除し亀頭を露出させました。衛生状態が保てるようになり、入院や介護の不安が無くなりました。
症例解説:入院や介護に備えて、包茎手術を行いたいという方から包茎手術の御相談をいただいています。包茎手術は比較的短時間で終了し、日帰りが可能です。しかし、術後は傷の状態が落ち着くまで、多少の期間が必要となります。急なケガや病気で入院を余儀なくされ、急ぎで包茎手術のご依頼をいただくことがありますが、あまりに早急な場合は、御希望に添えない場合もあります。入院や介護の為に備えたいという場合には、術後の経過なども考慮し、期間に余裕を持って、事前に準備をしておくのが良いでしょう。包茎手術には、術後、細菌感染や出血が起こることがあるという、リスクやデメリットがあります。手術を受ける際には、手術内容をよく理解して、納得した後に、治療を依頼してください。




▲ ページの先頭へ