包茎のためおしっこがしづらい場合は仙台中央クリニックへ

HOME治療内容 > 包茎のためおしっこがしづらい

包茎のために、おしっこがしづらい

包茎のため、おしっこが、しづらくなることがあります。包茎で、おしっこがしにくい、手間がかかるということで。包茎手術を検討される方は多数いらっしゃいます。排尿時に、すぐに陰茎が出てこない、時間がかかるなど、日常生活に支障をきたし、そんな生活に嫌気がさし、包茎治療をしようと決意されるようです。

陰毛に絡んで出てこない

包茎のために、陰毛に絡むことは、度々起こります。包皮に陰毛が絡まって亀頭を引っ張り出し難い、陰毛に包皮が絡んで擦れるために痛みを伴う、などが気になる様です。包茎の為に、排尿時のトラブルがある症例に対し、仙台中央クリニックでは、包茎手術を行っています。

おしっこが間に合わない

便器の前に立っても、陰茎がもぐりこんでいたり、陰毛に絡んだりするために、おしっこが間に合わないという方がいらっしゃいます。おしっこが我慢できずに、床を汚したり、ズボンに掛かったりすることもあるようです。トラブルなく排尿するために、時間的に余裕を見てトイレに行かなければならず、煩わしいと感じている方が多いようです。このような症状は、包茎手術により改善されます。排尿のトラブルがある場合には、包茎手術が有益です。

おしっこが横に飛ぶ

包茎の場合、排尿時、方向が定まらず、おしっこが横に飛ぶことがあります。排尿時に、尿が思わぬ方向に飛ぶために、便器を汚してしまう、トイレの床を汚してしまう、壁を汚してしまうことがあり、トイレが汚れて掃除が大変と考えている方がいらっしゃいます。このような事情から、包茎手術を希望される場合があります。

個室を使っておしっこをしている

包茎により、排尿のトラブルを抱えているために、排尿時に個室に入り、座って用を足している方もいらっしゃいます。個室が混んでいる場合もあり、こんな生活から脱却しようとして、包茎手術を望まれることがあります。

おしっこがしづらい場合の包茎手術の注意事項やリスク(稀なものを含む)

  • 下腹部に陰茎がもぐりこんでいる場合には、包茎手術の難易度が高くなります。
  • 埋没陰茎に対して、長茎手術を併用することが必要になることがあります。

包茎でおしっこがしづらい症例写真

包茎でおしっこがしづらい


76歳、既婚。包茎のためおしっこがしづらい、包茎手術、長茎手術、亀頭増大
症例経過:おしっこをする際に、時間が掛かるために、包茎を治したいと御相談いただいた症例です。陰茎が下腹部に埋もれているタイプの陰茎であり、陰茎が埋没して、亀頭の露出が困難なことが多く、排尿の際には、亀頭を強く引っ張って、排尿していたそうです。時におしっこが、間に合わずに床やズボンを汚してしまうこともあり、生活に支障をきたすことから、包茎治療を希望され、仙台中央クリニックに、御来院いただきました。診察したところ、余剰包皮が長く、陰茎は下腹部に埋没して、陰毛が絡みやすい状態であり、包茎手術、長茎手術、亀頭増大を行い、おしっこが楽に出来るようにしました。治療後は陰茎を引っ張り出す必要がなくなり、おしっこに時間が掛からなくなりました。また、長年コンプレックスであった包茎が改善し、美容的にも改善しました。
症例解説:包茎の為に、陰茎を引き出すのに時間がかかる、おしっこが間に合わないと困っている方から、御相談をいただいております。便器の前に立っても、なかなか陰茎を、引っ張り出すことが出来ないために、排尿が間に合わなくなり、床やズボンを汚すことがあり、そんな生活に嫌気がさして、何とかしたいと切望されています。包茎の場合、包皮が長いために、おしっこの方向が定まらず、横に飛び散る場合もあります。これらの症状は、陰茎が下腹部に埋まり、陰毛に絡まる場合に、特に強くなります。そのような場合には、長茎手術が必要になることもあります。症状や原因をきちんと見極め治療することにより、おしっこのトラブルが無くなります。包茎手術には、術後出血をきたすことがある、腫れが続くことがあるなどの、リスクや副作用が認められる場合があります。手術に際しては、執刀医から十分な説明を受けてください。




▲ ページの先頭へ