包茎の為の締め付け修正は仙台中央クリニックへ

HOME治療内容 > 包茎の締め付け

包茎の締め付け

包茎の為に締め付けられる

包茎の為に、包皮に締め付けがあると、亀頭を露出することが困難になり、見栄えが悪く不衛生になります。痛みを生じて、性行為の際にトラブルになることもあります。仙台中央クリニックでは、包茎の為に包皮の締め付けがある症例に対して、包茎手術を行っています。包皮の締め付けがある症例は、通常の包茎と比較して、包茎手術の難易度が高くなることが有ります。詳細な診察を行った上で、包茎手術を行う必要があります。

包茎の締め付けがあり痛い

包茎の為に、締め付けがある場合、最も大きな問題は、痛みを生じることがあるという点です。平常時から痛みを感じる場合もありますし、勃起時のみに痛みを感じる場合もあります。日常生活が不快になり、性行為が出来ないことも多く、そのような場合には、包茎手術が必要になります。包茎手術では、包皮の締め付けの部分を完全に切除することが要求されます。狭窄を残すと、締め付けを残す結果になります。そのため、通常の包茎手術と比較して包皮のデザインが難しくなります。

包茎の締め付けがあり、亀頭と包皮が癒着した

包茎の締め付けが強い場合には、亀頭を露出し難くなり、炎症を繰り返すことがあります。長期に亀頭包皮炎が継続すると、亀頭と包皮が癒着してしまうことがあります。その際の包茎手術は、癒着した包皮と亀頭を剥がす必要があり、難易度が高くなります。癒着が強い場合、包茎手術後長期に亀頭痛が続く場合が多く、経過が長くなることもあります。亀頭と包皮が癒着して、剝こうとすると痛みがある場合は、早期に包茎手術を計画することが望まれます。

包茎の締め付けにより、陰茎が小さく見える

包茎の締め付けがあると、亀頭や陰茎の発育が妨げられ、埋没陰茎や短小になることがあります。陰茎が下腹部に埋まり、美容面で醜形をきたします。見た目が悪い、恥ずかしいというという事で、包茎手術を希望される方がいらっしゃいます。陰茎堤靭帯の緩みがあり、埋没状態が強い場合には、長茎手術を併用することもあります。

包茎の締め付けにより衛生状態が悪い

仮性包茎でも、包皮を反転し洗浄できていれば、問題になることはありません。しかし包茎で締め付けが強い場合には、包皮の反転が出来ず、包皮内の洗浄が困難になることがあります。それに伴い亀頭及び包皮の衛生管理が不十分になりやすいことが知られています。衛生状態が悪いと、嫌な臭いや、痛み、痒みの原因になります。臭いが強い場合、エチケット上問題になることがあり、手術を希望される方が多くいらっしゃいます。衛生不良の状態が続くと、亀頭包皮炎に移行しますので、注意が必要です。

包茎の為の締め付け修正症例写真

包皮輪の締め付けのある包茎


31歳、独身。包茎の為の締め付け、包茎手術、埋没修正
症例経過:包茎による締め付けの為に、勃起時に痛みがあるという症例です。痛みのために性交渉が出来ないということで、仙台中央クリニックに御来院いただきました。診察したところ、包茎の強い締め付けが認められました。簡単には剝けない状態で、亀頭の露出は困難でした。余剰包皮の切除及び包皮輪の解除を行い、包皮は美容的に縫合をしました。陰茎堤靭帯の緩みが、被りやすい原因となっていたために、同時に埋没修正を行い、陰茎を引き出しました。勃起時に痛みや引き攣れがなくなると共に、美容面で改善が認められました。
症例解説:包茎に伴い、陰茎の締め付けが認められる場合があります。締め付けの程度は様々で、軽症で、ほとんど症状が無い場合もありますし、重症で痛みが強く、亀頭を露出できない場合もあります。締め付けが強い場合、性交渉が出来ないこともあります。性行為の際の不安から、彼女が出来ない、結婚できないと悩む方もいらっしゃいます。包茎による締め付けは、そのまま経過を見てしていても改善することはありませんし、自己努力で改善させることも不可能です。包茎の締め付けによるトラブルや悩みは、早めに専門医に御相談いただくことをお勧めしています。包茎手術には、長期に腫れることがある、術後出血を伴うことがあるなどのリスクや副作用が認められることがあります。手術前に十分な説明を受けて、手術内容を理解した上で、手術に臨んでください。



症例別包茎手術


▲ ページの先頭へ