包茎で痛い場合の包茎手術は仙台中央クリニックへ

HOME治療内容 > 包茎のため痛い

包茎のため痛い

包茎のため痛みを感じる

包茎の場合、痛みを感じることがあります。勃起時の痛み、性交渉に伴う痛み、睡眠時の痛み、包皮の引き攣れによる痛み、炎症による痛みなど様々な原因が考えられます。痛みの原因を検討して、的確な治療を行うことが必要になります。本ページでは、仙台中央クリニックにおいて、包茎の為に包茎治療を行った方の症例を供覧して、包茎の痛みについて解説させていただきたいと思います。

包茎で勃起した時痛い

包茎で、勃起した時、痛みを感じることがあります。陰茎が締め付けられて痛い場合と、包皮が引き攣れて痛い場合の二つに分類できます。勃起時の痛みは、塗り薬や内服薬では改善が、認められません。締め付けや引き攣れが強く、日常生活の様々な場面で、突然痛みが出て、生活に支障がある場合には、包茎手術が必要になります。包皮の狭窄や引き攣れを取ることで、痛みは改善されます。早めの治療をお勧めしています。

包茎で睡眠時に痛い

睡眠には、レム睡眠とノンレム睡眠があり、それらは繰り返し交互に起こります。レム睡眠の時には、性的な興奮や性的な夢とは関係なく勃起して、包皮の引き攣れや陰茎の締め付けが起こり、痛みを生じることがあります。痛みのため眠れない、夜間目が覚める、眠りが浅いという場合は、包茎治療が必要になります。

包茎で性交時に痛い

性交時に包皮が擦れることにより、痛みを感じることがあります。擦れを軽減させるためにクリームの使用により痛みが和らぐ場合があります。またコンドームを装着することにより、直接擦れなくなるために痛みがなくなるという方もいらっしゃいます。痛みが強く、性交渉が不能である場合には、包茎治療が必要になります。

包茎で炎症が起こり痛い

包茎の為に、炎症が引き起こされることがあります。その際には、炎症により痛みを感じます。炎症に伴う痛みの場合は、同時に痒みや違和感を伴うことが特徴です。また包皮は赤くはれ上がりますので、他の場合の痛みと鑑別することが出来ます。炎症を改善させることで痛みも軽減します。包皮を翻転して包皮内を洗浄することが重要になります。包皮を翻転することが出来ず、炎症が慢性化した場合は、包茎手術が必要になります。

痛みを伴う包茎に対する包茎手術のリスクや副作用

  • 勃起時に痛みを伴う場合には、包皮の狭窄が強い場合が多く、完全に絞扼輪を切除することが重要になります。完全に切除しないと、包茎手術を行っても痛みが改善しないことがあります。
  • 包皮の引き攣れによる痛みがある場合には、包皮の引き攣れを完全に解除する必要があり、包皮切除のデザインが難しくなります。
  • 炎症による痛みがある場合は、切開創に細菌感染を合併する可能性が高くなり、傷の癒合不全を生じることがあります。

包茎のため勃起すると痛い症例のビフォーアフター画像

勃起すると痛い


26歳、未婚。包茎手術、長茎手術
症例経過:勃起に伴い強い痛みが出現していた症例です。痛みのために性交渉が出来ないので、このままでは結婚できないのではないかと心配され、仙台中央クリニックへ、御来院いただきました。診察したところ、包皮の絞扼輪が強く、包皮の引き攣れを起こしている状態でした。また陰茎が下腹部に埋没した埋没陰茎で、陰茎は小さく短小の状態でした。勃起時の痛みを改善させるとために、包皮の絞扼輪を切除し、勃起時の引き攣れを改善させました。更に、美容的に綺麗にしたいという御希望から、長茎手術を行いました。陰茎堤靭帯の緩みを補強して、陰茎を引出し、短小状態を改善させました。美容面で改善が得られると共に、勃起しても痛みを感じることはなくなりました。
症例解説:包茎で痛みを伴うようなケースは、包茎手術の適応になることが多く、注意が必要です。特に痛みのため性交渉が出来ない場合は、生殖能力が無くなりますので、包茎手術が必要になります。早めに治療されることをお勧めしています。更に、睡眠障害がある場合や、包皮の引き攣れがある場合、強い炎症が認められる場合には、包茎手術を要することが多く、詳しい診察による包茎手術の可否を決定する必要があります。尚、包茎手術や長茎手術には、術後感染や出血のリスクや副作用が起こることがあります。術前に執刀医に十分説明を受けてください。



症例別包茎手術


▲ ページの先頭へ