尖圭コンジローム、真珠腫様小丘疹は仙台中央クリニックへ

亀頭周囲のブツブツ

亀頭周囲のブツブツは鑑別が重要になります

尖圭コンジロームの可能性があります。ウイルス性の性病であり相手の女性にも感染します。気付きにくく痛みやかゆみのないまま進行していく場合もあります。相手にうつりますので早めの治療をおすすめしています。また亀頭のブツブツは、陰茎真珠腫様小丘疹の可能性があります。陰茎真珠腫様小丘疹は、進行がゆっくりで、人にうつりません。この両者を的確に診断して、治療することが重要です

亀頭のブツブツの種類

尖圭コンジローム

  • 尖圭コンジロームはウイルス性の性病です。
  • 1か月から6か月くらい前の不潔な性交渉により感染します。
  • 症状なく徐々に大きくなり、進行します。
  • 相手にうつるために、放置するのは避けるべきです。早めの治療をお勧めします。
  • 治療を行っても再発を繰り返すことがあり、再発率が高いことを十分認識する必要があります。
  • 再発した場合は、繰り返し治療する必要があります。
  • 完治したと判断するためには3か月から6か月の経過観察が必要になります。

陰茎真珠腫様丘疹

  • 尖圭コンジロームに似た形で、鑑別が難しい場合があります。
  • 包茎などで、衛生状態が不良な場合に起こることがあります。
  • 症状はほとんどありません。
  • ゆっくり大きくなりますが、進行のスピードは、尖圭コンジロームと比較して緩やかです。
  • 相手にうつりませんので、絶対に治療という訳ではありません。
  • 性病と間違われやすいということや、見栄えが悪いという理由で、治療を希望する方もいらっしゃいます。

陰茎の嚢胞性疾患

傍外尿道孔嚢胞

  • 外尿道孔の周囲に出来る良性の嚢胞です。
  • 多くの場合無症状です。
  • 少しずつ大きくなり、美容的に気になるということで御来院いただくことがあります。
  • 内部は液体で充満されています。
  • 嚢胞に針を刺して液を抜いただけでは再発するため、周囲被膜を含め全適する必要があります。
  • 良性のことが多く、美容的なことが気にならないということであれば放置する場合もあります。

陰茎嚢胞

  • 陰茎に生じた嚢胞です。
  • 多くは無症状で経過します。
  • 感染を合併し腫れることがあります。
  • 内容液を穿刺しただけでは再発するので、嚢胞全摘が必要になります。

亀頭周囲のブツブツの治療法

  • 陰茎全体に局所麻酔をします。
  • 麻酔を行い電気メスにより切除いたします。
  • 治療時間は約 5 分程度です。
  • 暫く院内で休んでいただき、出血が無いことを確認した上で帰宅していただきます。

亀頭周囲のブツブツ治療のデメリット

  • 亀頭周囲のブツブツを取った部位に痛みやヒリヒリ感を感じることがあります。痛み止めを服用していただく場合があります。
  • ブツブツを取った部位から出血する場合があります。
  • ブツブツを取った部位に赤黒く内出血を起こす場合があります。

亀頭周囲のブツブツの手術症例

尖圭コンジローム治療

29歳、独身。尖圭コンジローム除去
風俗に行った後、2か月くらいして亀頭周辺にぶつぶつが出来てきて、少しずつ増大してきたという症例です。心配になり仙台中央クリニックを受診していただきました。診察したところ、亀頭周囲に尖圭コンジロームを発症しており、治療が必要と考えられました。電気焼却法により尖圭コンジロームを除去しました。
クリニックより:尖圭コンジロームは、感染後1〜数か月後に増大してくる性感染症です。人に感染するので治療が必要となります。包茎を伴う場合、包皮に隠れて発見が遅れ、かなり増大してから発見される場合もあります。再発率も高いために、一度除去してもまた出来る事があります。亀頭周辺にぶつぶつのある方は、ご注意ください。



亀頭周囲のぶつぶつ除去

39歳、独身。陰茎真珠腫様小丘疹除去
亀頭周囲にブツブツができたので心配になり御相談いただいた症例です。風俗に行ったことは無いということでした。診察したところ亀頭周囲にブツブツが多発しており、その形状から陰茎真珠腫様小丘疹と診断しました。電気焼却を行い、陰茎真珠腫様小丘疹を除去しました。
クリニックより:陰茎真珠腫様小丘疹は、良性の腫瘍で他人にうつることはありません。しかし性病と間違えられることがある、美容的に気になるということで、除去を希望される方がいらっしゃいます。術後の写真は術直後ですので、亀頭の一部が赤くなっていますが、しばらくすると元に戻るので心配ありません。



コンジローム治療

58歳、既婚。尖圭コンジローム除去
2か月前から亀頭包皮に出来物ができて大きくなってきたという症例です。風俗に行った経験があるので、心配になって受診していただきました。診察したところ、亀頭から包皮に尖圭コンジロームが広がっていました。亀頭部は電気焼灼を行い、包皮部は包皮切除を行い、尖圭コンジロームを全摘しました。
クリニックより:尖圭コンジロームは、ウイルス性の性病で相手にうつるので、そのまま放置することは、お勧めできません。再発を繰り返すケースもあるために、早めの治療が望まれます。



裏筋のう胞治療

72歳、既婚。陰茎部嚢胞除去、包茎手術、長茎手術
陰茎の裏筋部分に嚢胞が出来て悪いものだと悪いと心配されて来院された症例です。診察したところ良性の陰茎部皮下嚢胞と考えられました。元々短小包茎が気になっており、切除と共に包茎手術、長茎手術も行いました。
クリニックより:陰茎に出来物が出来て心配されて御相談いただくこともあります。良性のものであれば、被膜を含めて全摘すれば完治が可能です。悪性の場合は、診断をはっきりさせるために病理学的検索が有益になります。



亀頭周囲のブツブツ治療のアフターケア

  • 翌日からシャワー可能です。
  • かさぶたの部分はゴシゴシ洗わないで下さい。
  • 性交渉は 1 週間後から可能です。
  • 術後暫く院内で休んでいただき、出血がなければ帰宅できます

▲ ページの先頭へ